葬儀のときのお焼香について。 その1

葬儀のマナーは知らないと恥ずかしいものです。例えば、お焼香です。お焼香とはそもそも何か。お焼香とは、仏式の葬儀でお香を焚くことを意味します。お香には、香木を砕いた細かい木片の抹香や線香を使用します。抹香の場合は炭の上で燃やし、線香の場合は通常どおり火をつけます。お焼香には立ってする立礼、座ってする座礼、座って香炉を手元に置き、焼香してから隣の人に回す廻し焼香という3つのスタイルがあります。基本的な焼香の仕方は、まず右手の親指、人差し指、中指の3本の指で抹香を少量つまみ、目の高さまであげます。次に左の炭の方、香炉の少し上からパラパラと指をこすりながら入れます。これを1回から3回行います。この回数や3本の指を目の高さまであげるやり方は宗派によって異なります。例えば浄土真宗本願寺派であれば、3本の指は目の高さまであげず、横の香炉に移動させ、回数は1回です。

梅田 風俗

精力剤のホントノトコロ